• 2015.3.26
  • コメントは受け付けていません。

SEの出戻りOKの会社

old

一般的に40歳にもなると転職は難しいという事が当たり前になります。
40歳の人材を中途で採用するよりも20歳の若い人材を採用して育てる方を選択するからです。
即戦力のベテランといえども40歳になって特別な理由がなければ採用になるのは稀です。

ところでSEという職種、40歳でも転職できる職種です。
それなりに下積みがあり技術的な能力も高くマネジメントもできる人材ならとても重宝されます。
PGも同様です。年齢を見ると体力的な期待はできなさそうですがかつてのC言語やFortranや
COBOLをマスターした人は多いはずでまだ需要があるのです。

SEはやりたい仕事をやるために転職する人が多いです。また若気の至りではありませんが
独立してフリー化する人もいるし会社を興す人もいます。

そんな人が多いわけですけど、40歳を目前に元の会社に戻りたいと思う人もいるのです。
そしてそんな一度裏切った人材を改めて採用しよう、と考えてくれる会社もあったりします。
会社側としては若いうちに外の世界をみて能力を高めてまた戻っておいでよ!と大判振る舞いな
気概のある会社もあるんですね。

さて、我が社アイネットではそのような出戻り社員もOKとしています。1社に勤務していたのでは
ほかがどんな感じで運営されているのか、世の中の他の価値観を見るチャンスも失います。
ヨソを見てからまた戻ってもらっても必要な社員だと感じれば再採用ということはあるのです。
ただ、それをして恥ずかしくなければ、という事ですね。

会社に雇用されるということはいつの時代でも「安定」だと思ってる人が多いのは事実です。
会社としては社員にそれを提供することで安心を提供できるはずです。

安定企業であればあるほど30代後半~40代になって転職してはいりたい、と思うのでしょう。
自らの人生の安定を願って、という想いが透けて見えますが、頑張ってくれればそれでいいのです。

それから1度フリー化した人もやっぱり社員になって雇用されたいと思う方もいます。
フリーのSEは収入が高い一方で不安定さがあります。やはり安定をもとめて企業の一員になることを
望む人もいるのですね。

出戻りOKの会社、あまりありませんけど、参考にしてみてください。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る